シュートボクシング協会、MIOの新生K-1参戦に正式抗議。「MIOと書面による専属契約を交わしており現在契約期間中」

シュートボクシング

28日(水)シュートボクシング協会は、24日に行われた新生K-1大阪大会でのMIO新生K-1参戦発表に正式に抗議することを公式ホームページで表明した。

「8.24 K-1大阪大会のMIO参戦発表について」(全文)

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

この度はシュートボクシング協会所属選手であるMIO(津村澪)の突然の発表により、日頃からご支援下さっているスポンサー各社をはじめ関係各位、そして何よりファンの皆さまにご心配をおかけして誠に申し訳ございません。

本件につきまして2019年8月24日(日)エディオンアリーナ大阪にて開催された『K-1 WORLD GP JAPAN 2019 ~ 日本vs世界・5対5&スペシャル・スーパーファイト in 大阪』のリングにMIOが登壇し大々的に参戦発表がなされておりましたが、シュートボクシング協会とMIOは昨年あらたに書面による専属契約を交わしており現在契約期間中であるにも関わらず主催者であるK-1関係者はもとより本人から何ら事前確認も説明もなく件のセレモニーが執り行われた事実はプロのエンタテインメントの世界に従事する我々としては嘆息を禁じ得ず誠に遺憾であると言わざるを得ません。

シュートボクシング協会と致しましては今回の経緯と事実確認および今後の対応について顧問弁護士を通じて先方との協議を進めておりますが、なるべく選手の意思を尊重し格闘技界のイメージを損なうことなく無益な軋轢を避けた話し合いが出来ればと思う所存です。

今後の経緯や結果につきましてはまた鋭意ご報告させていただきますので何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

シュートボクシング協会 事務局

今回の件では、発表直後からシュートボクシング統括本部長やシーザー武志会長が驚きと憤りをSNSで発信していたが、今回は正式抗議となった。

要点は3点
・MIOとは昨年書面による専属契約を交わし現在契約期間中
・K-1関係者、MIOから事前の連絡なし
・なるべく選手の意思を尊重

「移籍しても良いけど、筋通して」ということ。新生K-1とMIO側は事前協議が“できない”もしくは“したくない”何らかの事情があったのだろうか。アンディサワーのONE参戦時は「口頭契約」だったが、今回のMIOとは「書面契約」を交わしているという。シュートボクシングは既に「顧問弁護士を通じて先方との協議中」とし、「今後の経緯や結果はまたご報告させていただきます」としている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました