井岡一翔vsパリクテ戦の視聴率 平均11.5%、瞬間最高14.9%

ボクシング

6月19日(水)にTBS系で生中継された井岡一翔のボクシング世界戦の視聴率が平均11・5%を記録した。ここ最近のボクシングやRIZINの地上波放送の中では最も高い数字となった。

『WBO世界スーパーフライ級王座決定戦 井岡一翔vsアストン・パリクテ』

6月19日(水)21時〜22時 生中継 TBS系
平均11・5%  瞬間最高14・9%(関東地区)

 

『WBSS準決勝 井上尚弥vsエマヌエル・ロドリゲス』

5月19日(日)21時〜22時 録画放送 フジテレビ系
平均10・3%(関東地区)

 

『RIZIN.16』天心vsブランコ 浜崎vsフレイ 浅倉カンナvs山本美憂

6月2日(日)19時〜21時 生放送 フジテレビ系
平均6・9%(関東地区)

 

『RIZIN.15』天心vsビアグタン 堀口vsベン・ウィン RENAvsサマンサ

4月21日(日)20時〜22時 一部生放送 フジテレビ系
平均5・8%(関東地区)

 

『RIZIN.14』天心vsメイウェザー 堀口vsコールドウェル 浅倉vs浜崎

2018年12月31日(月)18時~23時45分 一部生放送 フジテレビ系
第1部(18:00~)5.7%、第2部(19:00~)5.0%、第3部(21:30~)6.9%、第4部(22:50~)7.5%

 

『RIZIN.13』天心vs堀口

2018年9月30日(日)20時〜22時 録画放送(台風の影響で) フジテレビ系
平均6・7%(関東地区)※瞬間最高は「天心vs堀口」で9・7%

ボクシング
スポンサーリンク
スポンサーリンク
FIGHT PRESSをフォローする
スポンサーリンク
FIGHT PRESS

コメント

タイトルとURLをコピーしました