那須川天心vs武尊、実現へのラストチャンスか。那須川「正式な話をください。俺は待ってます」武尊「絶対実現させるから待ってて」RISE伊藤代表「賞味期限は半年」

RISE

9月16日(月・祝)千葉・幕張メッセ・イベントホールで行われた「RISE WORLD SERIES 2019 Final Round」で優勝した那須川天心が、試合後のリングで新生K-1の武尊へ対戦を呼びかけた。これに対し、武尊もSNSでコメントを発表した。

那須川天心コメント

「武尊選手、K-1の陣営に言いたいことがあります。僕は格闘技界を盛り上げるために人生を懸けて戦ってきたつもりです。時間は止まっていないですし、自分にもまだまだやりたい未来がたくさんあります。みなさんの声に応えるのが選手だと思いませんか。強い者同士をこうしたワールドシリーズみたいに集めて戦わせる場所が本当の興行ではないですか。僕は逃げも隠れもしないです。SNSで書き込んだりするのなら、さっさと正式に話をください。俺は待ってます」

 

武尊SNS

オファー出せるなら
とっくにお互い出してるでしょ。
色々言いたいことあるけど
今はその為に自分が信じることを全力でやるだけ。
絶対実現させるから待ってて。
まずは11月24日絶対勝つ。

 

RISE伊藤隆代表

・(マッチメークの)賞味期限は半年でしょう

・ニュートラルな環境でやれるといい

・(天心vs武尊だけではなく)対抗戦でも構わない

・(新生K-1からの訴訟について)時が来たら話す。我々に全く否が無いので

4年前から待望され続けているこの対戦。お互いどんな強豪と対戦してもSNSでは「二人の対戦はいつ?」といった話題に。特にここに来て武尊はツイッター上でファンと言い争うなど、イライラはピークに達していたように思う。

実現のタイムリミットは来年いっぱいか。

 

那須川天心vs武尊これまでの流れ

<初の対戦アピール>

2015年4月19日
武尊が『K-1 WORLD GP 2015 IN JAPAN~-55kg初代王座決定トーナメント~』優勝。初代K-1 WORLD GP -55kg王者に。

2015年8月1日
那須川天心が『BLADE FC JAPAN CUP -55kgトーナメント2015』優勝。リング上から「あと一人やりたい選手がいます。K-1の武尊選手です。かかってこいよって感じですね」と対戦をアピール。試合後の会見でも「向こう(K-1)に乗り込んでも大丈夫。でもこっちは全部KOで倒したんで、こっちに来てくれって感じですね

<RIZINでの対戦直訴>

2015年8月
那須川の対戦アピールについてKrushの会見で問われた武尊は「そのことは人づてに聞いた。K-1の世界王者になってから世界中から武尊倒したいという声はたくさん来てるんで、その中の一人としか見てない。K-1で試合が組まれるならいつでもやってやる。やれば必ず倒す自信はある」とコメント。

2015年11月
K-1代々木大会でK-1 -55kg王座を防衛した武尊が花道を引き上げる時に、親友の平本蓮の応援に来ていた那須川天心が駆け寄り「大晦日(RIZINで)やりましょう!」と対戦を直訴。「対戦を約束した」とSNSでコメント。

武尊は「ファンだと思ったのでハイタッチしたんですが気付きませんでした。周りがうるさかったので何を言っているかは聞こえなかったです。(大晦日のRIZINでで)組まれたらいつでもやります」」とコメント。

前田憲作K-1プロデューサー(当時)は「K-1に出たいなら、SNSや直接会場で選手に声をかけるというのでなく、ジムや団体の代表が直訴するのが普通。そこをしっかり間違えないでやってほしいです」とコメント。非K-1選手からは「関係者に話話しても話が進まないから直接行ってんだろ!」と。

結局、この年の大晦日RIZINは武尊のみ参戦し中国人選手と対戦(KO勝ち)した。

RIZIN榊原氏は「武尊選手の対戦相手には那須川天心君も考えましたし、話もしました。今回は時間もなくて整いませんでした」とコメント。

<冷戦時代へ>

2016年1月
RISEの公開練習後に那須川は「昨年大晦日にはRIZIN参戦の話もありましたが、結局出られなくて悔しかった。那須川を出しておけば良かったと思われる試合をしたい。僕は世界を目指していて、逃げている相手にはもう興味はありません。僕は本物を目指すだけ」とコメント。

ここからお互い相手の名前を出さなくなる。特に新生K-1において「那須川天心」というワードはタブー化され、マスコミも触れないという状態に。

2016年12月
那須川天心、RIZIN初参戦。武尊は昨年大晦日のみで、その後RIZINへ上がることはなかった。

2017年大晦日RIZIN
試合後のマイクで那須川天心が再アピール。

天心「皆さん誰と見たいですか?
観客「武尊!!!
天心「この歓声の声が答えだと思います。来年中にやりましょう!

「トーナメントでもワンマッチでも何でもいい。ファンが望むカードをやるのが格闘家。僕は格闘家として生きていくと決めたので、ファンに求められる試合をします」とコメント。

2018年1〜2月
那須川天心親子、RIZIN、RISEらが新生K-1から営業妨害で訴えられる。

関係は最悪の状態へ。

<武尊からの言及始まる>

2018年3月
K-1さいたま大会のリング上で武尊が「僕とやりたいって言ってる選手いると思うんですけど、立ち技の世界最高のリングはこのK-1なんで、やりたいんだったらK-1上がって来て下さい」とコメント。

2018年12月
K-1大阪大会のリング上で武尊が「時期は分からないが、僕は必ず実現させようと思っている。そして、実現させるだけではなくて勝つ気でいます」とコメント。

この頃からSNSでも那須川天心という実名こそ出さないが、無視し続けていた那須川天心関連のコメントに返信や投稿をするようになる。

<現在>

2019年9月
RISE幕張大会のリング上で那須川が「武尊選手、K-1の陣営に言いたいことがあります。僕は格闘技界を盛り上げるために人生を懸けて戦ってきたつもりです。時間は止まっていないですし、自分にもまだまだやりたい未来がたくさんあります。みなさんの声に応えるのが選手だと思いませんか。強い者同士をこうしたワールドシリーズみたいに集めて戦わせる場所が本当の興行ではないですか。僕は逃げも隠れもしないです。SNSで書き込んだりするのなら、さっさと正式に話をください。俺は待ってます」

他の新生K-1選手も反応

RISE 2019 - 9.16 RISE WORLD SERIES2019 - 【試合後マイクノーカット】那須川天心、K-1武尊へ対戦を呼びかけ! | 無料で動画&見逃し配信を見るなら【ABEMAビデオ】
RISE 2019等、国内最大級の26,000エピソードを、いつでもどこでも好きな時にお楽しみいただけます。
RISE 2019 - 9.16 RISE WORLD SERIES2019 - 【独占コメント】天心 武尊戦へ言及!「いつでもやる。後悔はしたくない」 | 無料で動画&見逃し配信を見るなら【ABEMAビデオ】
RISE 2019等、国内最大級の26,000エピソードを、いつでもどこでも好きな時にお楽しみいただけます。
RISE
スポンサーリンク
スポンサーリンク
FIGHT PRESSをフォローする
スポンサーリンク
FIGHT PRESS

コメント

タイトルとURLをコピーしました