柔道・鈴木桂治氏が現役復帰へ!「ボロボロだけど、やったります。」

2004年アテネオリンピック柔道男子100キロ超級金メダリストで、柔道男子日本代表重量級コーチの鈴木桂治氏(38)が、現役復帰することが分かった。2012年ロンドンオリンピック代表を逃し、同7月に現役引退。約7年ぶりの復帰となる。

今年4月ごろから実戦復帰に向けた本格的なトレーニング開始。6月8~9日に群馬・高崎アリーナで開催される「全日本実業団体対抗」に国士舘大柔道クラブから出場する予定。

復帰理由は定かではないが、日刊スポーツによると

13年の全日本実業団体対抗では、92年バルセロナ五輪男子78キロ級金メダルで強豪パーク24の総監督を務める吉田秀彦氏(49)が、男子3部で11年ぶりに実戦復帰した。スター不在の柔道界を盛り上げるために一役買った。決勝までの6試合で5勝1分けと活躍し、準優勝に貢献した。

鈴木氏も同じように柔道界のカンフル剤となり、さらに、不調が続く担当の最重量級選手たちに向けて、本気の柔道を披露することで活を入れる考えがあるのかもしれない。

と、東京五輪に向け自身もコーチを勤める選手達へのカンフル剤的な復帰ではないかと推測されている。

鈴木氏は自身のSNSで「きゃー!!ボロボロだけど、やったります。」とコメントしている。

柔道
スポンサーリンク
スポンサーリンク
FIGHT PRESSをフォローする
スポンサーリンク
FIGHT PRESS

コメント

タイトルとURLをコピーしました