11.18 S-cup チャムアトーン、マルコ欠場 代わってルンピニー9位ランボー出場

シュートボクシング

11月18日(日)に開催される『SHOOT BOXING S-cup 65kg 世界 TOURNAMENT 2018』(東京・両国国技館)に出場予定だった現ラジャダムナンスタジアム認定スーパーライト級王者チャムアトーン・ファイタームエタイ(タイ)、マルコ・モイサー(エストニア)の欠場が発表された。

以下、シュートボクシング公式発表
「チャムアトーンはトーナメント一回戦で元REBELS 65kg級王者UMA(K&K BOXING CLUB/team REBELS)と対戦予定だったが、練習中に膝靭帯損傷で欠場に。チャムアトーンの代替選手として、BBTVスーパーライト級王者、そして現ルンピニースタジアム認定スーパーライト級6位ランボー・ペットポートオー(タイ)が出場する。

初来日となるランボーは日本では無名に等しいが、ヒジ・ヒザを得意とし、タイでチャムアトーンと並ぶ一流ファイターとして人気を集め、過去には2016年のルンピニースタジアム最優秀選手ムアンタイ・PKセンチャイムエタイジム、ラジャダムナン王者ヨーッパノンルン・ジッムンルン、ルンピニースタジアム認定ウェルター級王者ラフィー・ボーヒックといったトップ選手にも勝利している超強豪。

また、一回戦でWBCムエタイ日本統一ウェルター級王者健太(E.S.G.)と対戦予定のマルコも練習中に拳を骨折したためにドクターストップ。代替選手としてトレント・ギルダム(オーストラリア)が出場する。ギルダムはMMA、ムエタイの試合もこなすオールラウンドファイター。どんなルールであれ、階級関係なく強い奴と戦うことを信条としているという。」

イリアス・エナッシ(オランダ)、ザカリア・ゾウガリー(オランダ)に続きチャムアトーン・ファイタームエタイ(タイ)、マルコ・モイサー(エストニア)と今トーナメントの欠場者は4人に。

今日、公開計量&会見です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました