12.31『RIZIN.20』堀口恭司、欠場の衝撃、、、靭帯断裂で全治10カ月

RIZIN

2019年12月31日(火)『RIZIN.20』(さいたまスーパーアリーナ)

ここ数日SNSでは「堀口恭司が怪我をした」との噂が飛び交っていたが、14日(木)RIZINの会見で事実であることが公式発表された。

BELLATOR JAPAN / RIZIN.20 追加対戦カード発表記者会見 | PRESS CONFERENCE

 

・右前十字靭帯断裂、半月板損傷で全治10か月

榊原信行CEO
「怪我の詳細は、右膝前十字靭帯の断裂と半月板損傷で全治10ヶ月。練習中に違和感を覚え、診察したところそのような状態だったということです。練習中にアクシデントがあったわけではなく、これまでのダメージの蓄積だったのではないかということでした。怪我をしたという連絡がこちらに来たのが10月31日。最終的に試合ができないと判断したのはチケット一般発売の11月3日でした。そして11月7日に堀口選手は緊急手術を行い、現在はスクワットも出来ない状態とのことです。」

昨年末あたりから既に違和感あったとのこと。

・ベルト返上の意向

榊原信行CEO
「堀口選手からは今回の件を受けてベルトを返上したいとの申し入れがありました。検討し、来週中にはどうするか発表したいと思います。」

・代替カードは未定

榊原信行CEO
「8月の朝倉海選手との試合の衝撃が大きかっただけに今回の再戦は非常に期待度の高いカードだったのですが、現在は代替カードについて調整をしています。」

来週中には発表予定とのこと。

・本人コメント(全文)

 

RIZIN
スポンサーリンク
スポンサーリンク
FIGHT PRESSをフォローする
スポンサーリンク
FIGHT PRESS

コメント

タイトルとURLをコピーしました