3.31『ONE』日本大会 ベリンゴンvsビビアーノのダイレクトリマッチ決定!ロッタン参戦、気になる対戦相手は、、、

ONE

3月31日(日)東京・両国国技館で開催される『ONE:A NEW ERA IN TOKYO』の追加対戦カードが発表された。

ONE世界バンタム級タイトルマッチ
王者・ケビン・ベリンゴン(31/フィリピン)vs 挑戦者・ビビアーノ・フェルナンデス(38/ブラジル)

両者は三度目の対決。第一戦は2016年1月で、ビビアーノが1Rアームロックで一本勝ち。第二戦は昨年11月で、ベリンゴンが2-1で判定勝ち。しかし、この試合の判定を疑問視する声も多く、今大会でのダイレクトリマッチとなった。

そして、ロッタン・ジットムアンノン(タイ)の参戦も決定。先日、3.10「RISE世界トーナメント」への不参加が発表されていたが、ロッタンは「ONE」を選択。その理由はやはりファイトマネーと思われる。先日のONEマニラ大会でも地元のチームラカイ勢以上とも言えるほど会場を盛り上げて見せ、さらに評価を上げたロッタン。「いいギャラ」を宣言しているONEからのファイトマネーも上がっていき、しばらくはONE独占契約状態が続くと見られる。「ONE」と同等のファイトマネーを支払える団体は日本では「RIZIN」のみか。

尚、ロッタンの試合はオープンフィンガーグローブでのムエタイルールと発表されている。対戦相手は未定だが、ONEの日本大会への超本気度からして、日本人が対戦相手に選ばれると予想する。

本命・秋元皓貴
先日ONEマニラ大会で復活勝利。

対抗・小笠原瑛作
兄・小笠原裕典がONE参戦中。

穴・内藤大樹
盟友・鈴木博昭がONE参戦中。

大穴・K-1選手
先日、修斗との提携を発表したONE。「鎖国破り」第二弾としてK-1と、、、実現性は低いが、意外と両者は相性が良いような気がする。『独占契約主義』や、ONEは記者会見に「サクラ」を集めていたと話題になったていたが、『実像よりも大きく見せる努力』は両者に共通しているところ。

正式発表が待たれる。

ONE
スポンサーリンク
スポンサーリンク
FIGHT PRESSをフォローする
スポンサーリンク
FIGHT PRESS

コメント

タイトルとURLをコピーしました