4.21『RIZIN.15』RENA参戦!榊原氏「那須川天心は最終調整中」ONEについても言及

RIZIN

4月21日(日)に開催される『RIZIN.15』(横浜アリーナ)の記者会見が、6日(土)都内で行われた追加カードが発表された。

RENA(27/シーザージム)vs サマンサ・ジャン・フランソワ(32/フランス)
昨年の大晦日にRENAの欠場で流れたこのカード。その際、サマンサは「またRIZINからオファーがあったなら、対戦相手がRENAなら受ける」と語っていたがそれが実現した。契約体重が前回の49kgから今回は51kgに。前回は減量苦から欠場となったRENA。元々RENAはシュートボクシング51kg王者。適正階級での仕切り直し戦となった。今回の追加カードはこの1つのみ。

榊原信行RIZIN実行委員長は、チャトリ・シットヨートンONE代表が先日のONE両国大会後の会見で「那須川天心は、内々でONEに参戦しロッタンと再戦したいと言っていた。将来的にその話を進めていきたい」と語ったことについて言及した。

RIZINにいるからと言ってRIZINだけでやらなくてもいいと思っています。海外に挑戦することもベルト挑戦など意義のあるものであれば止めない。逆にどんどん行ってこいと思います。それはONEでもベラトールでもUFCでも同じ考えです。我々のスケジュールや契約で縛る気は無い。でもあくまでRIZINが中心。チャトリと天心の間で何らかの話があるというだけで、警告状を送って『契約違反だ』と言う気は無い。

でも業界のルールや常識に反するものがあれば徹底的に抗議する準備はあります。天心と我々にはしっかりとした長期的な契約があります。

また、那須川天心の「RIZIN.15」参戦については「最終調整中です」とコメント。上手く整えば週明けにも発表されるとのことだ。

気になるのは、同じくONEへの参戦が噂されるRENAだ。昨年の浅倉カンナとの再戦に敗れた後「今後は海外でも試合がしたい」と語っていたRENA。那須川と同じようなRIZINとの長期契約がもし無ければ、今回は大晦日のケジメとしてRIZINに出るが、その後はONE参戦もあるのではないだろうか。もしそうであったとしても「独占契約」だけは避けて欲しいところだ。

RIZIN
スポンサーリンク
スポンサーリンク
FIGHT PRESSをフォローする
スポンサーリンク
FIGHT PRESS

コメント

タイトルとURLをコピーしました