4.29 KNOCK OUT 高田馬場『石井一成 vs タネヨシホ』”KNOCK OUT独占階級”のフライ級 至宝カード実現!

KNOCK OUT

4月29日(月・祝)に開催される『KNOCK OUT 2019 SPRING「THE FUTURE IS IN THE RING」』(ベルサール高田馬場)において、「石井一成 vs タネヨシホ」の対戦が決定した。

石井一成は昨年12月のKNOCK OUT両国大会でトーナメントを制し、初代KING OF KNOCK OUTフライ級王者に戴冠。さらに、2月24日に大分で開催された『KODO-魂動-』においてWPMF世界フライ級王者のヨードイ・ゲオサムリットと対戦。3RKOで勝利し、二冠王となった。

タネヨシホはKNOCK OUT初代フライ級王座決定トーナメントでは大﨑一貴に敗れ準決勝で敗退。しかし、再起戦となった2月11日のKNOCK OUT大田区大会では、一貴の弟である大﨑孔稀に大逆転の5RKO勝利で復活の狼煙をあげた。

K-1、RISEの両団体が実施していないフライ級(51kg)はKNOCK OUTの独占階級と言っても過言ではない。ここでこのカードを切って来たKNOCK OUT。「石井一成 vs タネヨシホ」はタイを主戦場にする福田海斗を除けば日本フライ級屈指の好カード。K-1、RISEの「3.10興行戦争」で活気ずくキック界において、「出し惜しみしない」か「出し惜しみしていられない」か。至宝のカードが実現した。

KNOCK OUT
スポンサーリンク
スポンサーリンク
FIGHT PRESSをフォローする
スポンサーリンク
FIGHT PRESS

コメント

タイトルとURLをコピーしました