5.18『WBSS』準決勝、英グラスゴーで井上尚弥 vs ロドリゲス 前戦から7ヶ月。。。ようやく正式決定。ブックメーカーのオッズは、、、

ボクシング

2月12日(日本時間13日)「ワールド・ボクシング・スーパーシリーズWBSS)」は公式サイトで、バンタム級トーナメント準決勝のWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(25/大橋)とIBF同級王者・エマヌエル・ロドリゲス(26/プエルトリコ)の対戦を5月18日に英スコットランド・グラスゴーで開催すると正式発表した。井上の戦績は17戦17勝(15KO)、ロドリゲスは19戦19勝(12KO)。

「WBSS」は、ファイトマネー未払い問題→トーナメント消滅危機→ロサンゼルス開催消滅と、ここのところネガティブな問題が相次ぎ、次戦の正式発表が遅れていた。井上の前戦は2018年10月7日のファン・カルロス・パヤノ戦(1ラウンドKO勝ち)で、約7ヶ月の間隔が空いた。

井上にとって初の他団体王者との王座統一戦。英国での試合も初となる。会場のSSEハイドロは最大収容1万3000人。WBSS公式サイトで井上は「英国の熱狂的なファンの前でボクシングをするのが待ち切れない。彼らに“モンスター”のパフォーマンスを見せます」とコメントした。

英大手・ブックメーカーのウィリアムヒル社の勝利オッズ(13日時点)では、井上が1・17倍、ロドリゲスが4・50倍としている。

ボクシング
スポンサーリンク
スポンサーリンク
FIGHT PRESSをフォローする
スポンサーリンク
FIGHT PRESS

コメント

タイトルとURLをコピーしました