6.2『RIZIN.16』神戸大会 才賀紀左衛門、欠場。国崇の対戦相手は堀尾竜司に変更

RIZIN

6月2日(日)神戸ワールド記念ホールにて開催される『RIZIN.16』の対戦カード変更が発表された。第7試合で予定されていたキックルール「国崇vs才賀紀左衛門」が才賀の負傷欠場で「国崇vs堀尾竜司」に変更となった。

堀尾竜司(TRY HARD GYM)は5月12日(日)に『DEEP 89 IMPACT』(東京・ニューピアホール)で「キックルール、55kg契約、3分3R」でシュートボクシングの内藤凌太と試合をしたばかり(結果はドロー)。3週間という短期間での試合となる。今回の試合は「キックルール、59kg契約、3分3R」で行われる。通算戦績は33戦19勝11敗3分。

RIZIN公式コメント

2019年6月2日(日)、神戸ワールド記念ホールにて開催する「RIZIN.16」において、国崇選手との対戦を発表しておりました才賀紀左衛門選手が練習中に左目に違和感を感じ、ドクターチェックをしたところ、過去に負った左眼窩底骨折の後遺症による「視野狭窄」により全治1ヶ月の診断を受け、ドクターストップとなりました。代わって堀尾竜司選手が国崇選手の対戦相手となります。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

RIZIN
スポンサーリンク
スポンサーリンク
FIGHT PRESSをフォローする
スポンサーリンク
FIGHT PRESS

コメント

タイトルとURLをコピーしました