AbemaTVついに「非K-1」キック放送へ!3.10「K-1」と同日開催の「RISE」を生中継!!!

RISE

昨日放送された「VS那須川天心 3rdシーズン」の生放送において、『AbemaTV』が『RISE』を生中継することが発表された。3月10日(日)から開幕するRISE世界トーナメント「RISE WORLD SERIES」の全戦を生中継するという。3月10日はK−1最大のビッグマッチ「K’FESTA.2」の開催日でもある。

現在AbemaTVは「K-1ジャパングループ」の試合を放送しており、その関係からか、これまでK-1以外のキックボクシングの放送は無かった。同じくAbemaTVで放送しているパンクラスで「REBELS」のキックボクシングマッチがあれば、わざわざその試合のみをカットして放送していた。そんなAbemaTVが「K-1」以外のキックボクシングを、それも「RISE」を放送するというのは驚きである。K-1を運営する「株式会社M-1スポーツメディア」は「(武尊への挑戦表明による)営業妨害」で「RISE」と「RIZIN」さらに「那須川天心親子」を相手取り訴訟を起こしている。これほど「K-1」との関係が悪化している「RISE」をなぜ放送する決断に至ったのだろうか。

まずは「那須川天心」の存在だろう。いま「最も試合が売れる選手」は那須川天心であろう。どのメディアも那須川天心の試合を中継したいはず。AbemaTVとて同じである。もうひとつ大きな理由として「Cygames」の存在が大きいだろう。「AbemaTV」も「Cygames」も藤田晋社長率いる『株式会社サイバーエージェント』のグループ会社である。そのグループ会社の中で売り上げ利益が突出しているのが「Cygames」である。それは他のグループ会社の赤字を埋めているとも言われるほど。そんな「Cygames」は那須川天心の個人スポンサーであり、那須川天心のビッグマッチには必ず冠スポンサーとなっている。もちろん今回放送が決まった「RISE WORLD SERIES」の冠スポンサーでもある。AbemaTV内で、「Cygamesパワー」>「K-1への忖度」となったということではないだろうか。

理由はどうあれ「K-1」と「RISE」を同時生中継するというキックボクシングファン的「快挙」を成し遂げたAbemaTV。これが「K-1」と「RISE」のさらなる関係悪化ではなく、関係修復の方へ向かうことを期待する。

RISE
スポンサーリンク
スポンサーリンク
FIGHT PRESSをフォローする
スポンサーリンク
FIGHT PRESS

コメント

タイトルとURLをコピーしました