未分類

未分類

公正取引委員会、芸能事務所による移籍妨害、圧力等の問題行為を例示。格闘技団体へも適用される可能性

27日(火)公正取引委員会は、芸能事務所がタレントとの間で交わす契約や取引について、どのような行為が独占禁止法上問題となるのか具体例を示した。 ①移籍、独立をあきらめさせる ②契約を一方的に更新する ③正当な報酬を支払わない ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました