K-1 武尊、那須川天心戦に言及「時期は分からないが、必ず実現させる」

K-1

12月8日(土)に開催された『K-1 WGP 2018』(エディオンアリーナ大阪)のメインイベント「K-1スーパーフェザー級タイトルマッチ」で挑戦者・皇治(29)に勝利した王者・武尊(27)が、試合後のマイクでかねてより熱望されていた「那須川天心戦」へ言及した。

K-1 WGP 2018.12.8 ~K-1ライト級世界最強決定トーナメント~ - 本編 - 【試合後】武尊が"覚悟"を叫んだ「ファンの思いはわかってる」! | 動画視聴は【Abemaビデオ(AbemaTV)】
K-1 WGP 2018.12.8 ~K-1ライト級世界最強決定トーナメント~等、15000を超える番組を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。武尊や那須川天心の試合など、注目の格闘技番組も盛りだくさん!

 

「団体の壁とかいろいろあるけど、正直、分かってますよ。(ファンからどよめき)本当、実現するのってめちゃくちゃ難しいことなんですよ。(ファンからの声援)分かってますよ。なんで、僕は実現できない状況でその事を発言したらファンの人を裏切ることになってしまうんで。僕は中途半端なことを口にしたくないんですよ。難しいことも沢山あるんですけど、僕は格闘技界を背負う、変えるってずっと言ってきてるんで、時期は分からないですけど、僕は、必ず、実現させようと思ってるんで。そして、実現させるだけじゃなくて、僕は、勝つ気でいます。そして、僕がずっと言ってる、K-1最高、K-1最強を僕が証明するんで。みなさんこれからも、来年も再来年もK-1に付いて来て下さい。絶対損はさせません。これからも応援宜しくお願いします。K-1最高!」

 

このように「那須川天心」という名前は出さなかったものの、対戦実現に向けて動くと宣言。武尊が那須川戦へここまで突っ込んだ発言をしたのは初めてのこと。

K-1の運営会社「株式会社M-1スポーツメディア」は現在、那須川天心および那須川の父、所属団体RISEの伊藤隆代表らを「(那須川サイドによる)度重なる武尊への対戦要求による営業妨害」ということで訴訟を起こしている状況。

K-1
スポンサーリンク
スポンサーリンク
FIGHT PRESSをフォローする
スポンサーリンク
FIGHT PRESS

コメント

タイトルとURLをコピーしました