RISE 来年世界トーナメント開催 伊藤代表「日本人選手もうちはどこが出てはいけないとかはないので」 那須川天心「本当の最強を決めるトーナメント」 大雅、志朗も参戦

RISE

11月18日(日)『RISE 129』の一夜明け会見が行われ、2019年に世界トーナメントの『RISE WORLD SERIES 2019』の開催が発表された。

【トーナメント概要】

・1dayではなく3大会に分けてのワンマッチトーナメント(1回戦は3月〜4月、準決勝は6月〜7月、決勝は8月~10月あたりを予定)

・階級は57~58kg付近と61kgの2階級

・賞金は各階級、優勝1000万円、準優勝200万円

 

【出場決定選手】

57~58kgトーナメント

・那須川天心(20=TARGET/Cygames)

・ロッタン・ジットムアンノン(21=タイ)

・スアキム・PKセンチャイムエタイジム(23=タイ)

・志朗(25=BeWELLキックボクシングジム)

61kgトーナメント

・大雅(22=TRY HARD GYM)

 

【会見のコメント抜粋】

伊藤隆RISE代表

「(その他のトーナメント出場選手について)日本人もうちはどこが出ちゃいけないとか全くないんで、出たい選手がいらっしゃるのであれば全然自薦他薦でもいい。外国人選手もONE Championshipチャトリ代表、Kunlun Fightトニー代表、その他大勢の世界のプロモーターと話し合っています。ただ本当に強い選手を選んでいきたい。日本人を多くして日本人を勝たせようというのは全くないんで。誰が優勝してもいいと思ってます。はっきり言って本当の強さを求めてるトーナメントなんで。優勝した人がスターになっていけばいい」

那須川天心

「(このトーナメントについて)自分が望んでいた、本当に強い人しか出れない、本当の真の最強を決めるトーナメントをやってもらえて嬉しいです。強い選手全員ぶっ飛ばして世界最強になりたいと思います。

(志朗について)昔から志朗選手の試合は観ていました。ムエタイルールじゃなくRISEルールでも強いと思います。強い選手がRISEに来てくれてワクワクしています」

志朗

「(ロッタン、スアキムとRISEルールで戦ったら)首相撲もヒジも無しなので、パンチの技術だったら自分の方が上だと思うので打ち合いで勝ちたい。自分はスパーリングだとフェザー級とかのボクシングランカーに普通に勝ってるのでボクシングだったら負けないと思う。

(那須川天心について)パンチのスピードと技術は世界トップクラスだと思う。どうやって戦うかはトレーナーとも話し合って決めたい。本当に世界トップクラスの選手だと思う」

大雅

「(対戦を希望していた那須川天心と違う階級での出場について)さすがに57kgには落ちないので、また違うタイミングでやりたい」

 

前日に開催された『RISE 129』はGYAO!にて無料配信中

https://gyao.yahoo.co.jp/special/rise_fight/
RISE
スポンサーリンク
スポンサーリンク
FIGHT PRESSをフォローする
スポンサーリンク
FIGHT PRESS

コメント

タイトルとURLをコピーしました