RIZIN.23 榊原CEO 大会総括「朝倉海vs堀口恭司は大晦日に」「朝倉未来vs斎藤裕、クレベルらは、もう1、2戦後に」「次回大会は9月末に。今月20日までに発表できれば」「観客動員2805人(9日)、4410人(10日)。券売苦戦した。調子に乗っていたのかも」

RIZIN

2020年8月10日(祝・月)『RIZIN.23 -CALLING OVER-』ぴあアリーナMM

前日に続き、榊原CEOの大会総括がRIZIN公式チャンネルにアップされた。

・朝倉海vs堀口恭司は大晦日にやらせたい。堀口と話す。

・フェザー級は青井人、斎藤裕、クレベル・コイケも含め朝倉未来との対戦までもう1、2戦やらせたい。

・大雅にはMMA転向を促す。キックでやるなら階級を落とすべき。

・海人は期待していただけに残念。倒さなきゃダメ。

・各キック団体の垣根を越えた交流戦を今後もやりたい。

・観客動員2805人(9日)、4410人(10日)。券売苦戦した。去年の大晦日完売。今年2月浜松大会も売れた。調子に乗っていたのかも。しかし、コロナ禍では及第点。

・次回大会は9月末くらいに。上限5000人のままでもやりたい。1万人キャパの会場が現状のベスト。今月20日までに発表できれば。

朝倉未来との対戦までに斎藤裕、クレベルらのフェザー級選手にはもう1、2戦やらせたいという発言が、「修斗王者にまだ実績を積み上げろというのか」といった意見がSNSで見られたが、会見を全編見ると分かるが、「実力者だと分かっている。それをコアなファン以外にも届けてから実現させたい」とのこと。
榊原さん的にはもう少しプロモーションして機運を高めたいということだろう。

次回大会を発表したいと語った20日まで、あと6日。

RIZIN.23 榊原CEO 大会総括

 

RIZIN
スポンサーリンク
スポンサーリンク
FIGHT PRESSをフォローする
スポンサーリンク
FIGHT PRESS

コメント

タイトルとURLをコピーしました